キレイの秘訣はカラダの巡り ビューティコラム

キャンペーン予約フォーム

プレミア・ビューティ・メンバーズ 会員情報

南青山の邸宅型サロン ayualam GRACE

プレミア・ビューティ・アカデミー

プレミアビューティショップ

PREMIER BEAUTY & SPA オフィシャルFacebook

オフィシャルBLOGはこちら

サラダ自由が丘本店オフィシャルサイト

ポドロジーについて

トップ>>ビューティコラム>>第4回 月の巡り、女性ホルモンとの付き合い方

キレイの秘訣は ”カラダの巡り” 〜salada ビューティコラム〜

第4回 月の巡り、女性ホルモンとの付き合い方

2014年の中秋の名月は9月8日。夜空を照らす月の美しさに気持ちが潤いますが、月は単に眺める存在だけでなく、満ち欠けが私たちのからだにも影響しているという説があります。
秋の夜長を心豊かに過ごすため、今回は神秘的なお話からスタートしましょう。

満月はパワー全開、新月はデトックスされる!?

月の引力が潮の満ち引きをつくりだしている、というのは皆さんご存知ですよね。人間のからだは約65%が水でできているため、海水と同じように人体にも月の満ち欠けの影響を受けているという説があります。

 

満月になると、全身にエネルギーが満ち溢れるため何事にも前向きに取り組め、さらには月の光を浴びる月光浴をするといっそうパワフルになるとか。ただし、がんばり過ぎると疲れがどっと出たり、気持ちが高まってケンカっぱやくなったりと、ありあまる元気に任せて行動するとトラブルに見舞われることもあるので注意が必要です。

 

また、月が欠けた新月(月が出ていないとき)は、リセットのとき。からだに溜まった毒素が外に出やすくなるので、この時期に運動やマッサージ、入浴などでデトックスをすると効果が高いといわれています。「再生」「スタート」のタイミングでもあるので、新しいことを始めるのにもおすすめです。

 

これらの話には科学的根拠がありませんが、人間も自然の一部と考えて、月のリズムに合わせて心身のコンディションを整えてみるのも楽しいものです。

女性の「月の周期」とも上手に向き合う

女性のからだにも毎月の生理(月経)というリズムがあります。医学用語である「月経」は周期が25〜35日と、月の満ち欠けの期間と近いことから名づけられたそうです。生理周期のなかでは、ホルモンバランスが変化し、それが体調にも影響を及ぼします。ここでは、心身ともにイキイキと過ごすため、女性ホルモンのリズムに合った日々の過ごし方を紹介します。

daily care menu

【生理中=月経期(約1週間)】

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が少なくなるため、体温が下がり血流が悪くなり冷えやすくなります。からだがだるくなり、気持ちも落ち込みやすいので、いつもよりゆったりと過ごすようにしましょう。この時期は残業や夜遊びを控えて、睡眠を充分にとってからだを休めることが大切です。

ケアポイント

・無理をせずに睡眠をしっかりとること。
・便秘になりやすいので食物繊維や発酵食品をとって予防する。
・からだを冷やさないことが大事なので足浴がおすすめ。生理痛などの痛みを和らげるゼラニウムや、リラックスできるカモミールやラベンダーなどのエッセンシャルオイルを入れるといい。
・ホットタオルをお腹とお尻(仙骨のあたり)の2ケ所に置いて、しばらく横になるとからだがラクになる。ホットタオルは、濡らしたタオルを電子レンジで温めたあと、密封できるビニール袋に入れると温かさがキープ。

【生理後=卵胞期(約1週間)】

生理が終わってから排卵までの卵胞期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌され、体調が一番よくなる時期です。肌にハリやつやが出てきて、吹き出物などのトラブルが起こりににくくなります。ダイエットの効果も出やすいタイミングです。

ケアポイント

・体調が安定しているこの時期に、パワフルに運動してダイエット効果を高める。
・美肌につながるエストロゲンが多い時期なので、女性ホルモンに似た成分、イソフラボンが入った大豆製品をとってブラッシュアップ。
・集中力が高まるレモン、元気を高めるグレープフルーツなどの香りのボディクリームでマッサージする。

【生理前=排卵・黄体期(約2週間)】

排卵後から生理前までの黄体期は、エストロゲン(卵胞ホルモン)が少なくなり、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えてくるというホルモンの変化が起こる時期なので、精神的に不安定になりやすくなります。眠気が出て集中力が落ちやすいのでケアレスミスに注意。また、プロゲステロンは水分を溜め込もうとするため、「むくみの解消」を心がけましょう。

ケアポイント

・生理前でPMS(月経前症候群)が出やすいので、ストレッチで筋肉を伸ばし血行をよくする。
・皮脂分泌が多くなるので、洗顔を丁寧に行い洗い残しがないようにする。
・むくみやすくなるので塩分を控えた食事にする。
・溜め込みやすい時期なので糖分を抑えた食べ物を選ぶ。甘いものが欲しくなったらドライフルーツで代用。
・イライラしたり落ち込みやすくなったりするが「今は生理前だから」と思ってあまり気にしない。

オススメgoods

リコプロ スパソルト1kg 13,608円(税込)
フランス・ブルターニュ地方のミネラル豊富な海塩と、15種類のハーブが入った入浴剤。スリミング効果が高いので、ダイエットしやすい生理後の卵胞期にぬるま湯でじっくり入浴するのがおすすめ。また、血行を促進する成分「トルマリン・カフェイン」入りなので、生理中の足浴の際に使うとからだが温まり、リラックスできます。

recopro きれいを「修復」し「保護する」エイジングブランド

使ってみました!
汗がじっとり出てきて入浴後もからだがずっと温かかったです。ぐっすり眠れて翌朝の目覚めもスッキリでした。
(35歳・女性・広告)

私がアドバイスします!

ビューティアドバイザー:堀内さゆり
プレミア・ビューティ・アカデミー講師としてサラダのエステティシャンの育成にたずさわる。
南青山の邸宅型エステティックサロン「アユアラングレース」のトップエステティシャンでもあり、AEA認定講師、AEA認定インターナショナルエステティシャン、ICAM国際試験機構認定インストラクターの資格を持つ。
テレビ神奈川「ありがとッ!」にレギュラー出演するほか、女性誌でも活躍。
著書に『中半身に効く!「腸デトックス」ダイエット』(講談社)がある。
TOPへ戻る